初めてでも安心の音響機器レンタル選び

>

レンタル会社の決定!

レンタル会社に依頼してみよう!

レンタル会社が決まったらまず見積もりを依頼してみましょう。
以下が大まかな流れです。
(1)見積もり依頼
(2)見積もりの検討
(3)予約手続き
(4)来店して機材を受け取るorレンタル会社に搬入してもらう
(5)来店して返却orレンタル会社に引き取ってもらう

見積もりの段階で、どのような会場で、こういうイベントをしたい等と伝えると、音響機材と料金を教えてくれますが、実際に行う会場に音響機器レンタル会社に来てもらい、提案してもらうことが出来る会社もあります。
オプションでオペレーター付きにしたり、設定をすべてやってもらったりなど、難しいところはプロにお任せすることも出来ます。
見積もりや相談していく中で、信頼できる音響機器レンタル会社を見つけたいですね!

機器セッティング、オペレーターは?

音響機器をレンタルしても、セッティングが不安な場合は、プロにお任せすることもできます。

また、音のバランス調整をするオペレーターをレンタル会社に頼むこともできます。
オペレーターの役割は、ライブ、ステージの音の総指揮官であり、裏方ではありますがとても重要なポジションです。

音響機器レンタルに、オペレーター付きというレンタルプランを出している会社もあります。
例として、以下のようなプランがあります。

・プロのオペレーター1名、アシスタント1名、スピーカー2台、モニター4台、マイク&スタンド一式、・ケーブル一式
レンタル料金90,000円~(スピーカーの台数、小型・大型のものなどにより価格が変わってきます。)

費用を抑えたい場合は、ご自身で設定や音調整を行うほうが良いですが、費用に余裕がある場合は、思い切ってすべてプロにお任せしてしまうというのもイベント事を成功に導く方法だと思います!